上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近なんだかまた、アニメ系のCDばかり買っています。
ここ2年ほどはマイケル・ジャクソンとかDEEP PURPLEとか、少し古めの洋楽に目覚めていたのですが、古いものは一通り揃えてしまうと、後が続かないのでありました。



IMG_0797.jpg
スポンサーサイト
2011.06.28 Tue l 音楽 l コメント (4) トラックバック (0) l top
http://www.madoka-magica.com/

よくわからないけど全話DVDを送りつけられたので、なんとなく見たら、なるほど、面白かったです。

大きいお兄ちゃんに人気の魔法少女アニメとして評判だったので、「どうせ、男に都合のいい美少女が飛び回ってるだけの軽いアニメなんでしょ」と思っていましたが、全然違ってました。

魔法少女になるためには大きな代償が伴うという、ダークなお話です。
こういうの、好きです。
全12話、一気に観てしまいました。

戦う時の異空間のシュールな表現も、印象的でした。

かっこいいエンディング曲はかなり気に入って、4度ほど聞いただけで即AMAZONでCD+DVDを注文してしまいましたよ。
なんか、注文してから18時間で届きました。
今回のAMAZONとヤマトは早かった。

Kalafina 『Magia』
http://www.sonymusic.co.jp/?70005026_SECL-939&70005026_SECL-939_01VFL


ただ、このアニメは人気すぎたためか、普通にネットを見ているだけで見たくもない情報が目に飛び込んできてしまっていて、実はDVDを観る前から、キュゥべえと最後のオチの事は知っていました。
そのため特に驚きの展開というのは味わえず、ちょっと残念。
「ここ、ほんとは驚くところなんだろうな~」という場面で驚きを味わえなくて、損した気分です。

いい作品は、リアルタイムで楽しみたいですね。
2011.06.26 Sun l アニメ l コメント (4) トラックバック (0) l top
http://movies2.foxjapan.com/xmen-fg/

原題は『X-MEN: First Class』
ファーストクラスというとなんだか高級でお上品なイメージになってしまうので、邦題はジェネレーションに変えたのですかね。


特殊能力博覧会という感じで、様々なミュータント能力を見せてくれるのは楽しかったです。
ひたすら特殊能力を見せつけてくれます。

ただ、一人で複数の能力を持っているキャラが結構いたのは、ちょっと不自然な感じがしました。
例えば、“心を読む能力+心を操る能力”、“心を読む能力妨害+身体硬質化”、“空を飛ぶ能力+飛び道具”、“テレポーテーション+身体に格闘武器内蔵”等です。
一つの能力に特化させた方が、キャラが立つと思うのですが。

格闘ゲームの続編がバランス調整のために、特定の攻撃に対抗するための新技が追加される様に、ちょっとご都合主義すぎる感じがしました。
突然変異であるミュータントに自然だの不自然だの言っても仕方ないのかもしれませんが、フィクションはフィクションなりにリアリティがあった方が良いと思いました。


この映画を見ていると、普通の人間こそが悪に見えてきて、いつの間にかマグニートーを応援していました。
「マグニートー、やれ! 人間なんかやっちまえ!」みたいなw

逆に、プロフェッサーX側には全く共感できませんでした。
あんな駄目な人間達と共存とか、ないっしょ。

だけどマグニートーって、怒りの感情を抑えきれない人で、あまり頭が良さそうには見えません。
悪の組織のリーダーには、もうちょっとこう、頭の良さそうな人を任命した方が良かったのではないでしょうか・・・。


この映画はたぶん、X-MENのファンが「このキャラは昔はこんな風だったのかぁ」というように起源を楽しむものなのでしょうが、正直X-MENにそれほど思い入れのない私には、そういう細かいネタは分からなかったので、これまでのX-MENシリーズを観てから本作を観た方が良かったかもしれません。
2011.06.22 Wed l 洋画 l コメント (0) トラックバック (0) l top
久しぶりに、ルパン三世風タイトルメーカーで遊んでみました。
結構気に入っているので、メモ。

フラッシュが使えない環境では見れないと思いますが、あしからず。


ブーン:
http://intermezzo.cool.ne.jp/report/Lupin/R3_temp.swf?inputStr=%81%BC%93%F1%93%F1%93%F1%81i%81%40%81O%83%D6%81O%81j%93%F1%81%BD+%CC%DE%B0%DD


原子力安全保安院の名言:
http://intermezzo.cool.ne.jp/report/Lupin/R3_temp.swf?inputStr=%89B%82%B7%88%D3%90%7D%82%CD%82%C8%82%A9%82%C1%82%BD%82%AA%0D%0A%8D%91%96%AF%82%C9%8E%A6%82%B7%82%C6%82%A2%82%A4%94%AD%91z%82%AA%82%C8%82%A9%82%C1%82%BD


エヴァ:
http://intermezzo.cool.ne.jp/report/Lupin/R3_temp.swf?inputStr=%82%C9%82%F1%82%C9%82%AD%83%89%81%5B%83%81%83%93%0D%0A%83%60%83%83%81%5B%83V%83%85%81%5B%94%B2%82%AB


ARIA:
http://intermezzo.cool.ne.jp/report/Lupin/R3_temp.swf?inputStr=%82%A0%82%E7%82%A0%82%E7%0D%0A%82%A4%82%D3%82%D3


PSO:
http://intermezzo.cool.ne.jp/report/Lupin/R3_temp.swf?inputStr=%93%CB%91R%82%B6%82%E1%82%AA%0D%0A%82%ED%82%B5%82%CC%96%BD%82%CD%82%A0%82%C630%95%AA%82%B6%82%E1%81I
2011.06.10 Fri l 日記 l コメント (2) トラックバック (0) l top
http://hp.ponycanyon.co.jp/pchp/cgi-bin/PCHPM.pl?TRGID=PCHP_SKH_1010&CMD=DSP&DSP_SKHBNG=201100000106&DSP_SKHKETSEQ=001

屋久島の美しい景色を堪能できます。
水と緑に溢れた景色に癒されます~。

ただ、カメラはほとんど固定で、動きません。
動きが無いので、ちょっと退屈に見えてしまいます。


私は屋久島といえば屋久杉というイメージを持っていたので、ひたすら樹木と森を見せてくれるのだと期待していたのですが、本作はほとんどが山と空の遠景でした。
屋久杉の紹介もありますが、ほんの少しです。
この辺りはちょっと期待はずれでした。

確かに山も空も綺麗なのですけど、緑が匂い立つ様な森の中をもっと見せてほしかったです。


また、本作はナレーションが無く音楽と字幕のみですが、字幕の文面がちょっとクサいと感じてしまいました。

「奇跡としか例えようのない自然の演出が始まった」 とか^^;

『アース』辺りのナレーションの雰囲気を真似した字幕なのかもしれませんが、あちらはナレーションだから多少クサくても聞き流せたのであり、字幕でそれをやってしまうとクサく見えてしまうのだなぁ、と思いました。
2011.06.07 Tue l ドキュメンタリー l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。