路面が凍結してしまう前に、と軽井沢方面へ行きました。
紅葉がほぼ終わり、落葉がだいぶ進んでいました。



まずは軽井沢の白糸ハイランドウェイ途中にある「白糸の滝」へ。
IMG_1004.jpg

ここの滝は落差3メートル程でこじんまりとしていますが、幅70メートル程横に広がって土の中から水が染み出しています。





IMG_0998.jpg
2011.11.28 Mon l 日記 l コメント (4) トラックバック (0) l top
TV版の続編ではなく、TV版の前半のどこかに挟まりそうな一エピソードです。

劇場版ということで、作画はしっかりしています。
内容については劇場版だからと大風呂敷を広げるわけでもなく、TV版同様のテイストで、可もなく不可もなくといったところです。
声優もTV版同様で、懐かしいです。

ヴァッシュ達の活躍をもう一度見たい!というファンの希望に沿った作品だと思います。

テーマ曲「H.T.」が新バージョンで登場しますが、音量的に少し地味でした。
「トライガンといえばコレ!」という曲なのですから、もっとジャカジャカ響かせてほしかったです。

TRIGUN H.T. in "Badlands Rumble" music clip:
http://www.youtube.com/watch?v=K_0dLJHYyUs

公式サイト:
http://www.trigun-movie.com/
2011.11.27 Sun l アニメ l コメント (0) トラックバック (0) l top
「アニメを実写化した作品は絶対に面白くない」という確信がありつつも、怖いもの見たさでついに観てしまいました。

期待値底辺で見たためか、思ったより酷くはなかったと思います。
CGはそこそこがんばっていましたし、原作とは異なる設定もそれ程酷いとは思いませんでした。

ただ、ハリウッドと比べてしまうとやはり予算がないのか、ヤマト艦内がチャチだったり、売りのCGシーンは少なかったりします。

予算がない映画でも人間ドラマが面白ければ良いのですが、この作品は人間ドラマも残念でした。
いつの間にか恋仲になっていたり、いつの間にか信頼し合っていたりします。
敵側とのやり取りもほぼありません。

時間の尺が足りないというのは分かりきっていましたが、せめて人間ドラマの部分だけでも、もう少し丁寧に描いてくれればまだ良かったと思います。


と、酷い事ばかり書いていますが、途中で席を立ったり寝たり再生を止めたりする程の酷さではなかったという点で、一応期待以上でした^^;



http://www.toho.co.jp/lineup/space_battleship_yamato/
2011.11.26 Sat l 邦画 l コメント (0) トラックバック (0) l top
http://www.rareexports.jp/

原題: 『RARE EXPORTS: A CHRISTMAS TALE』

珍しいフィンランド映画。

「本当は恐ろしいサンタクロース」的なお話です。
その発想やストーリーは良かったと思うのですが、映画としての見せ方が上手くなかった様で、あまり盛り上がらないまま終わってしまいました・・・。
なんとも惜しい作品でした。

主演の子役オンニ・トンミラの、ちょっと間の抜けたもの凄く素朴な雰囲気に、和みました。
2011.11.20 Sun l 洋画 l コメント (0) トラックバック (0) l top
http://www.mighty-thor.jp/

原題: 『THOR』

「ソー」と言われてもピンと来なかったのですが、トールハンマーの「トール」の人というか神であると知って、ようやく素性が分かりました。
ちなみに "THOR" は "Thursday(木曜日)" の語源ともなったそうです。

ついでに、「トールハンマー」は本当は「ムジョルニア」だか「ミョルニル」だかという、ミョルっとした覚えにくい名前だそうです。

っていうか、昔の日本人が "THOR" を「ソー」ではなく「トール」と読んでしまい、それが神の名前として一般化してしまった事が、この「ソー」という名前に対する馴染みの無さに繋がっているのではないでしょうか。
雷鎚が「トールハンマー」ではなく「ソーハンマー」として一般に知れ渡っていれば、「ソー」という名前はもっとすんなり受け入れられたと思います。


と、余計な事ばかり書いていますが、映画としてはまあまあでした。

神の国が美しかったです。
ソー役のクリス・ヘムズワースはイケメンではないですが、かわいい顔のマッチョで、憎めない雰囲気でした。
2011.11.13 Sun l 洋画 l コメント (2) トラックバック (0) l top